menu

サバイバルゲームプレイヤーの進歩

こんばんわ~。
少し古い話題ですが、自分にとってショッキングなニュースが・・・
阪神タイガースの赤星 憲広選手(33)の引退発表がありました。
http://redstar53.tblog.jp/?eid=238815#comments
小柄な体で精一杯のプレー。代名詞のスピードを生かした盗塁。
先日、とある番組に出演していた赤星選手は
「盗塁に必要なものは?」と聞かれました。
「勇気です。」
その言葉通り、いつも勇気溢れるプレイで、
阪神ファンだけでなく他球団のファンをも魅了した赤星選手。
♪シャープな打球 グランド突き抜けろ
 走れレッドスター 「Let’s Go ! 」 赤星
 チャンス切り開け
「レッドスター」の次の人生も光り輝く事を信じています。


こちらもちょっと古い話題で恐縮です(>_<)。 12月6日の日曜日にNO.9にてゲームを行ってきました。 詳しくは、リーダーのブログでどうぞっ! 「飛龍紅白戦、NO9、ミッドタウンに行ってきたよ!!」 http://www.team-hiryu.com/blog/2009/12/no.html
今回行った「NO.9」は初めて行ったフィールドです。

それほど広くないですが、インドアの雰囲気や高低差もあり、サバイバルゲーム
の醍醐味を味わえるフィールドでした。
初めてのフィールドでゲームをする時の、手探りしている感じが好きです。
で、みんなでフィールド探索している時に
「動きまわるeisukeさん向きじゃないですか?」
とmotodate隊員に言われました。
自分でもそう思いました。実際にゲームをしてみると・・・・あれ?

強いねぇ~アタッカーチーム。私達のチームはフルボッコでした。
アタッカーチームのアグレッシブさが活きる感じでした。
「とにかく、前へ」そしてニーダウンすることなく動きまくってる。
一つの所に留まると、標的になりやすいですし、
見える視点も狭くなりがちなので、予期せぬところから撃たれてしまいます。
また、動いている相手を撃つのは結構難しいものだと思います。
勿論、デメリットもあります。
連携をとらずに、ただ前へ進んでしまい、
一人だけ突出した状態になってしまうこともあります。
そんな時には、無理せず後ろに下がることも作戦の一つではないでしょうか?
私は、サバイバルゲームはある意味陣地を奪い合う戦いだと思ってます。
陣地を奪い合い、相手の行動できる範囲を狭めていく。
おのずと有利になっていきますよね。
陣地的に有利であれば、後ろに下がれるスペースもある。
有利な時程冷静になり、詰め将棋をする感覚でやれば
勝利が見えてくるのではないでしょうか。

話が反れましたが、上から見ていると
アタッカーチームの強さの秘訣が少し分かった気がします。

今回、紅白戦しかもセミ撃ち限定ということで、普段苦手としている
狙撃をするべく高台に上がってみました。
動く範囲は左右と限定されますが、最初から構えを作っている分
敵を見つけた時、優位に立てる場合が多いです。
でも、やっぱり向いてません。というか、からっきしダメでした。
撃ち下ろしの有利性も生かせず、下からの射撃にヒットされました。
「さすがに凹むなぁ(>_<)」なんて言ってたら、 「いいじゃないですか~。もともとしっかり狙って撃ってるところ、 見たことないですよ」とsakamoto隊員に変な慰め?をいただきました。 そのお言葉をいただいて(笑)、開き直りました。 後半は動き回って、多少なりとも味方チームに貢献できたと思います。 私は、苦手としていることがまだまだあります。 左構えが苦手です。ですので、左構えをしなくてはいけないポイントを避けてます。 おのずと、フィールドの活動範囲が狭まります。 一日ゲームをしていて、行ったことのないポイントが結構あります。 これではもったいないですよね。 と思う反面、超ポジティブに考えると(笑)自分を活かす、 自分が活きる場所が分かってるんだなぁとも思っちゃいます。 私は、不器用なタイプです。できることが限られています。 ただ、できる事を積み重ねてきたんではないかと思います。 狙撃が苦手ならば、当たる所まで近づけばよい。 左構えが苦手ならば、回り込んで撃てばよい。 そういう「動き」を沢山ゲームをしてきた中で 体に覚えこませてきたんだと思います。 サバイバルゲームのプレーヤーには、様々なタイプがいます。 狙撃が得意なスナイパータイプ。 接近戦が得意なアタッカータイプ。 守備が得意なディフェンダータイプ。 なんでも得意なオールマイティタイプ(羨ましい) それぞれ長所短所があるでしょう。 それを自覚して、一ゲーム一ゲームをすることが大切なんではないでしょうか。 そして、反省点だけでなく、良かった所を必ず見つけること。 よく、ミーティングなどで反省点は結構言えますよね。 でも良かった点て中々言えないというか、分からないですよね。 これからは、自信をもって他の人に 「ここが良かった」って誇れるものを見出していきたいです。 得意な分野の精度を上げること。 苦手な分野を克服しようとチャレンジすること。 どちらも、プレーヤーの進歩だと思います。 両方いっぺんにやるほど器用ではないので、 しっかり考えてゲームをいこうと思います。 それがチームに貢献することになればいいと思います。 まだまだ課題が多いですが、来年に繋げるべく、 最終戦も一ゲーム一ゲーム大切に頑張りたいと思います。

09年の紅葉を惜しみながら・・・・・

09年最終戦、バトルシティーに行ってきたよ!!

関連記事

  1. サバゲー装備のレプリカと本物の違いとは・・・?

    こんにちわ。サバイバルゲームチーム飛龍 Web担当のtomohiroです。明日土曜日は、メンバー…

  2. 買い物ツアー2

    皆さん今晩は、サバイバルゲームチーム飛龍リーダーのつかさです!!飛龍の新人を連れて、第二回目にな…

  3. アメリカのサバイバルゲーム動画

    どうもこんにちわ。サバイバルゲームチーム飛龍 Web担当のtomohiroです。今日は、アメリカ…

  4. 買い物ツアーと呑み会IN大久保!!

    皆さん、今晩は、サバイバルゲームチーム飛龍代表のつかさです!!先週の金曜日に飛龍メンバーと呑み会…

  5. 俺たちのサバゲー

    皆さん、今晩は、サバイバルゲームチーム飛龍リーダーのつかさです!!自分は、仕事に行くのに電車を使…

  6. 両さん的、サバイバルゲーム

    こんばんは!サバイバルゲームチーム飛龍副リーダーakemiです。今週のインドア戦に向けて、みんな…

  7. How to サバイバルゲーム part1 ~前日準備編~

    どうも( _ _ )サバイバルゲームチーム飛龍広報、yu-kiです。今回は飛龍もといサバイバルゲ…

  8. What I Think About Airsoft Game …

     こんにちは、サバイバルゲームチーム『飛龍』初心者視点担当のsetoです。 今回は諸事情で自宅でネ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最新動画

アーカイブ

PAGE TOP