menu

チーム競技としてのサバイバルゲーム

こんばんわ。
サバイバルゲームチーム飛龍のeisukeです。
古い話題になってしまいましたが、先週の日曜日にデザートユニオンにて、
久し振りのゲームをしてきました。


その模様はリーダーのブログ「デサートユニオンに行ってきたよ!!」にてどーぞっ!
http://www.team-hiryu.com/blog/2009/06/post_134.html
と~~っても楽しかったんですけど・・・・
今回から筋肉痛は、フェイントをかけて翌々日にきました(T_T)。
じじぃだぁ・・・・・・。


さて、本題です。
「飛龍」は、ホームページのトップページにも書いてあるように、
サバイバルゲームをスポーツとして、捉えています。
一口にスポーツといっても、色々解釈はあると思います。
私なりに考えるスポーツのイメージは、楽しくあるべきもの。
そして、楽しむ為にはルールを守り、勝利を目指す!という事だと思ってます。
ゲームに参加する以上、「勝つ!」という気持ちで臨んでいます。
んが、全てのゲームを勝てるわけではありません。
相手だって同じ気持ちで臨んでいますし。
だから大抵、一日のゲームの勝敗数(引き分けもあります)は、拮抗した結果になります。
でも「勝つ!、勝ちたい!」という気持ちがあるからこそ、真剣になれるし、悔しさも味わいます。
だから、本当に面白いんですよっ!
一日のゲームの結果は拮抗すると書きましたが、交互に勝ち負けがあるわけではなく
連勝したり、連敗したりします。
そういった波がある中で、個人のゲーム内容も結構波があります。
良い時よりも、悪い時のほうが、はっきり自覚できますね。
ゲームの雌雄を決する場面でのミスや、敗北なんかした時はセーフティに帰りたくなくなります(>_<)。 (例 ①死守しなければいけないポイントの所で、打ち合いに負けて敵チームを大きく前進させた。) (例 ② フラッグを守っていて、前しか見ていないで、予期せぬ方向から抜かれてしまった。) この時、他のチーム員からの叱責や励ましはあります。 ただし本人に全て責任を負わせることはありません。 チームとして挑んだ結果ですから。 そして、次のゲームでは同じ結果にならないように、全員で確認して挑みます。 これがあるからこそ、チーム競技なんだと思います。 「アイツのミスで、チームが負けてしまった・・・・。」 「フラッグゲット!やったぜ~俺っ。」 どちらも、ゲームが終わった時、思うことがあるかもしれません。 でも他の人がミスする前に、自分のミスがその要因になっていませんか? 自分のフラッグゲットの陰には、他の人の犠牲やアシストがあったのを忘れてはいませんか? これを認識しているのと、してないのでは、ゲームの深さが違うと思います。 最初の方で、「じじぃだ~~」なんて書きましたけど、 まだまだサバゲーは続けていきたいですね。 その中で、チーム全員で、勝利も敗北も、嬉しさや悔しさも味わえるゲームが 沢山できたらいいなぁ、なんて思ってます。 やりますよっ!・・・・・体が続く限りねっ(*^_^*)。

先行上映!トランスフォーマー リベンジ

COMTAC2スタイル タクティカルヘッドセット(カメレオン製)

関連記事

  1. 私も VFC AN/PEQ-15バッテリーボックス バッテリーセ…

    こんばんは。サバイバルゲームチーム飛龍 副リーダーakemiです。今日は未だに春の嵐ですねぇ。…

  2. サバゲー装備のレプリカと本物の違いとは・・・?

    こんにちわ。サバイバルゲームチーム飛龍 Web担当のtomohiroです。明日土曜日は、メンバー…

  3. 入隊希望面接&レイクフォレストに行ってきました

    こんにちわ。サバイバルゲームチーム飛龍 Web担当&平日フィッシャーマンのtomohiroです。…

  4. サバイバルゲームチーム飛龍 オリジナルアイテム

    こんばんは。サバイバルゲームチーム飛龍副リーダーakemiです。前回お話しました『えいご漬け』、…

  5. 週末は市ヶ谷で釣りと四ッ谷飲みの会

    こんにちわ。サバイバルゲームチーム飛龍 Web担当のtomohiroです。前回のブログの最後に紹…

  6. AK47テレビショッピング

    こんにちわ。サバイバルゲームチーム飛龍 Web担当のtomohiroです。今日は面白いテレビショ…

  7. 動きも軽快に(笑) ファイテンRAKUWAネック&アミノ酸

    こんばんは。サバイバルゲームチーム飛龍akemiです。オフが長かったせいか、17日のゲームが待ち…

  8. サバイバルゲームのPV

    サバイバルゲームチーム飛龍 Web担当のtomohiroです。インターネットで様々な動画を見ていた…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最新動画

アーカイブ

PAGE TOP